知事や議員

日本の議員は国民による選挙によって選ばれる

知事や議員は国民を映す鏡といえます。

日本の知事や議員は国民による選挙によって選ばれています。

国民生活を考える人々

国民一人一人が国政選挙への関心を失い投票率が下がりますと、いわゆる資質に欠けた人物が国会議員になってしまいます。

衆議院議員や参議院議員の大多数は真面目に国政と国民生活を考える人々です。

しかし一部に自分の名誉欲や権力欲を満たそうと選挙に出馬する男女がいるのも実態であり、そういった人物は当選後私腹を肥やしたり、不適切な言動で有権者に不快な思いをさせたり、自分の利益や名誉のため国民生活にマイナスとなる法案をごり押しします。

選挙に行くことの大切さ

確かに選挙は多忙な現役世代の人々にとって面倒な事かもしれません。

しかし有権者の一票が文字通り明日の社会を作ります。
政治家もマスコミによって常に監視され、国民による厳しい批判がそそがれるようになった今日、むしろ大多数の衆議院議員と参議院議員が清潔で真面目の方々になっています。

ワイドショーやテレビドラマ等に登場する政治家のイメージはかなり偏っていますし、有り体に言えば非常に旧態依然としたステレオタイプです。

近頃の政治家はマニュフェストを作成し、地元の人々と約束をします。マニュフェストに掲載された事を中心に国政で活動し、有言実行できた政治家は有権者から優秀だと評価されます。

反対にマニュフェストには非常に魅力的な事ばかりを書いたものの、国政ではまるで実現できなかったり、減税をうたって活動していたのに実際は反対に増税法案に賛成したりと、こういった有権者を結果的にだますような事をした政治家は次回の選挙で厳しい判定を受けます。

日本の議員は国民による選挙によって選ばれる

議員は紛れもない権力者ですが、実態はあくまで国民の代理人であり、特に近年はマニュフェストを守っているか点で厳しく国民一人一人に審査される立場です。

地元の政治家をだれにするか、それで地元の様子は大きく変わる事もあり、有権者にとって国政は決して他人事ではありません。