スポーツ系の部活に所属していたので

体の健康のためにジョギングや水泳などのスポーツを始めました。
高校生の頃まではスポーツ系の部活に所属していたので、毎日体を動かしていたので運動不足を感じたことはありません。

食事をしっかり取り好きなスイーツなどを好きなだけ食べても、体重が増えてしまうようなことはありませんでした。

高校を卒業し大学に入学してからもスポーツは続けていましたが、高校生の頃までのようにハードな内容ではありません。

自分の都合のよい時に活動すればよいサークルのような内容なので、少しずつ運動不足になりました。

運動量が減っても食べる食事の量は減らさなかったので、体重が増えてしまうのは無理もありません。
気が付いた時には見ただけでも太っているのがわかる状態で、着ることができる洋服も少なくなってしまいました。

このままでは健康にもよくないと考えたため、今すぐにできる対策として始めたことはスポーツです。

しかし、しばらく運動をしていなかったので、少し体を動かしただけでも筋肉痛に悩まされました。
ジョギングや近くのスポーツジムでスイミングをしているうちに、体を動かすことが気持ちよくなり距離が自然と伸びていきます。

体重を減らし痩せるために再開したスポーツでしたが、毎日続けなくてはいられない大切な趣味に変わっていきました。

体重が減り始めると嬉しさも加わり、走ったり泳ぐ距離を伸ばしたくなります。
筋肉痛に悩まされていた体も、高校生の頃のスポーツをやっていた時の状態へと変化していきました。

水泳 クロールのコツ

スポーツで痩せるメリットは、体重が減るだけではありません。
体が引き締まり、健康的に痩せることができました。

高校生の頃と同じような体型に戻りましたが、ジョギングやスイミングは私の大好きな趣味になり毎日続けています。