ホームページや通販サイトの決済システム。どんな種類があるの?

決済手段は、お客様のさまざまな状況に合わせ、できるだけ多く用意した方が望ましいです。

一般的なものとしては、代金引換、銀行振込、郵便振替、クレジットカード決済、オンラインバンク決済、コンビニ決済があります。

できれば全ての決済手段に対応すべきですが、まずはどれか一つなら代金引換を選ぶようになると思います。
ただ、最近はクレジットカード決済の需要が年々高まってきていますので、この決済方法にも対応できるとよいと思います。

参考: GALERA 福岡のWebサイト制作会社

代金引換

代金引換は、インターネットの通販サイトの決済手段として欠かすことのできなものです。
どういったものかというと、運送業者に荷物を届けてもらった際に料金の支払いを行うものです。

この決済手段は、ユーザー(購入者)にとっては、商品が届いてから代金を支払うので、払ったのに商品が届かないといったリスクがありません。
ただ、購入者のデメリットとしては、必ず届けてもらう時間に家にいないといけないのと、その時に現金を用意しておかないといけないので、そのあたりは不便になるかと思います。

なお、最近はこの代金引換と同じスタイルで、クレジットカードが使用できる運送業者もありますので、とても便利になってきています。

クレジットカード決済

現在の決済方法のなかでスタンダードな存在となりつつあるのが、クレジットカード決済です。
サイトによっては、クレジットカードでの決済しか対応していない場合もあります。

通販サイトでこの決済方法を選択する場合、購入者は事前に個人情報とカード番号を入力し、さらに支払いは先払いとなるので、サイトに対して十分に信用してもらえないと、この決済方法に躊躇してしまうユーザーも増えてきます。